5.05.2011

富士山 残雪期 吉田ルート

丹沢の堀山の家を毎週のように手伝っている中島さんから5月の富士山登山がとてもいい。と聞かされていた。中島さんは、堀山の家だけでなく、富士山の山小屋や八ヶ岳の山小屋も手伝っている人だ。5月、は天候も落ち着き登りやすいらしい。

スバルラインの開通を待ち、吉田口から登りだす。GWの中日たくさんの登山客や、山スキーヤーがいるのかと思いきや、以外と登っている人は少ない。途中まで従来の登山道を上がり、7合目手前あたりから、クランポンを装着、登山道を離れ、本来はブルトーザーで資材を運び出す斜面を登りだす。雪は良い感じで締まり、とても歩きやすい。8号目を越えたあたりで、雪が固く凍りだし、やがて、クランポンやアイスアックスが刺さりにくくなる。登ることは出来るが、滑落した際に停止措置を取れる自信が無くなってきたので、9号目手前で撤退する事にした。その日はほとんどの人が9号目あたりで撤退をした模様。
今年は5月下旬あたりがベストかもしれない。

3000mを越えたあたりから、雲がすぐそばを抜けていく。
広い雪の白い斜面に、雲が作り出す影がとてもきれいだった。

帰りは、数百メートルの距離を数度に分けてシリセードで一気に滑り降りる。最高に楽しい。夏目)









video


フェイスブックのファンページにも同じように情報を記載しはじめました。
よければクリック御願いします。